刺し子・藍染・美術館・街めぐりなどなど


by asagiya
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

刺し子の花ふきん 

5月のサンイデーでのワークショップ
今月から、刺し子の花ふきんを作っています。
その中で、参加されている方が「どうして花ふきんというのですか?」
と聞かれました。
いままで、刺し子のふきんを花ふきんと思いこんでいて由来など考えたこともありませんでした。
調べてみると、
昔は、嫁ぐ娘に持たせるために、花ふきんを長い時間をかけて作りためておいたそうです。花ふきんは、嫁ぐ先は大家族が当たり前の時代にそれぞれのお膳にふきんをかけて、間違えないように区別する役目。
その花ふきんは、水をくぐるほどに刺し糸の色がうっすらとにじみ出て、白いふきんが淡い刺し糸の色に染まっていく。「早く婚家の色に染まりますように」との実家の願いが込められていたそうです。
今の時代には、考えつかない発想ですが、親が娘を思う気持がふきんに込められていたのですね。

a0158296_1475026.jpg

●花ふきんワークショップ

・サンイデー渋谷(渋谷西武百貨店A館 7階)
毎月第3日曜日 10時30分〜12時30分
お申込み サンイデー渋谷 03-3462-3324

・朝日カルチャーセンター湘南
毎月第2土曜日 10時〜12時
お申込み 朝日カルチャーセンター湘南
0466-24-2255

Commented by chidori at 2013-05-28 16:20 x
初めまして。
普段何気なく刺している花布巾にそのような由来があったのですね。
花布巾に向かう気持ちが変わりました。
刺し子は奥深いですね~。
布巾とても綺麗♪


by asagiya5 | 2013-05-28 14:11 | ワークショップ | Comments(1)