刺し子・藍染・美術館・街めぐりなどなど


by asagiya
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:美術館 展示会( 26 )

民芸

8月も残りすくなくなりましたが、暑い日々が続いていますね。
気がついたら今月初めて書くブログです。
今日は、暑かったのですが会期も終わりに近づいた日本民芸館に「日本の染」を観にいきました。
日本の代表的な絞り・型・筒描 
年代は、江戸時代、明治時代のもので色はだいぶ薄くなっているものもありますが、デザインは現在にも通じるものもあり 観ていて楽しかったです。
久しぶりに民芸館に行ったのですが、やはり木造の建物は気持ちがほっとします。
a0158296_23203738.jpg





民芸館のあとは、新宿OZONEへ。
5月のクラフトマーケット以来で久しぶりです。
きょうは、鳥取の民芸のお話をイラストレイターの安西水丸氏が講演をするということで申しこみました。
鳥取の民芸のことはほとんど知らなかったのですが、風光明媚で民芸品も素敵なものが多いようでぜひ行ってみたくなりました。
鳥取の民芸の発展は、吉田璋也氏の尽力によるものが大きいことも初めて知りました。
帰りに因習和紙のぽち袋を買ってきました。
私の好きなシンプルなデザインでひと目ぼれです。

a0158296_23331965.jpg

by asagiya5 | 2010-08-29 23:34 | 美術館 展示会 | Comments(0)

ルーシーリー展

ルーシー・リー展 新国立美術館 ~6月21日(月)

今日で、終わってしまいますが、先週の金曜日会期の終了も迫って行ってきました。

昨年、21-21で見たときよりも、点数も多く時代を追って作品を見ることができて良かったです。

自分自身、あまり陶芸の作品に惹かれることは少ないのですが、ルーシー・リーの作品はなぜか、心が惹かれます。

作品を見ていると、私もがんばらねばと気持ちにさせられます。

音声ガイドの樋口可南子さんも聞きやすく、素敵でした。

新国立美術館は、今日で終わりですが全国を巡回するようです。


2010年8月7日(土)~9月26日(日)益子陶芸美術館/陶芸メッセ・益子

2010年10月9日(土)~12月1日(水)MOA美術館
2010年12月11日(土)~2月13日(日)大阪市立東洋陶磁美術館
2011年2月26日(土)~2011年4月17日(日)パラミタミュージアム
a0158296_1657325.jpg

by asagiya5 | 2010-06-21 16:57 | 美術館 展示会 | Comments(0)

奈良美智展

a0158296_0152648.jpg

奈良美智展 セラミック・ワークス ~6/19(土) 小山登美夫ギャラリー

会期も終わりい近づいて、やっと見にいくことができました。

奈良さんのブログなどで途中経過はみることができましたが、実物の作品は迫力がありました。

6階にあったひょうたん型の壺はかわいかったです。

受付の後の棚に飾ってあった、小ぶりでシンプルな壺すてきでした。


a0158296_015263.jpg



せっかく清澄白河まできたので、ヨーガンレールのバーバーグリーのお店に。

ここに置いてある物はどれも素敵なものばかりですが、今日買ったのは、ベトナム産の竹の小物入れ。

袋物も好きなのですが、次に好きなのが、籠製品。

小さくて、形がかわいくて、つい買ってしましました。

家に帰って娘に何をいれるの?と聞かれてしまいましたが・・・・。


a0158296_0152635.jpg



帰り道にあった和菓子屋さん、もうお店はしまっていたのですがそこにかかっていた、絞り染めるカーテンが良い柄で写真に撮ってしまいました。
by asagiya5 | 2010-06-18 00:15 | 美術館 展示会 | Comments(0)

観じる民藝

観じる民藝~7月4日(日)まで 横浜 そごう美術館

先日、松本民芸館でこの展示会を知り、今日観に行きました。

コレクションされた尾久彰三さんは、以前日本民芸館の学芸員をされていたかたで、民芸館のミニチュア版といった展示会でした。

きっと高価な骨董品もたくさんあったのでしょうが、展示は気取らず、親しみが感じられました。

会場には、尾久彰三さんの部屋が再現されていましたが、好きのものに囲まれた場所で過ごすことができたら幸せな気分になるんだろうな。


by asagiya5 | 2010-06-13 22:46 | 美術館 展示会 | Comments(0)

クレマチスの丘



三島のクレマチスの丘に行ってきました。
写真家の杉本博史氏が、クレマチスの丘のIZU PHOTOMUSEUM
写真展が開催されています。
現像するときに電流をながし、それを現像した六双一曲の屏風仕立てになっており、
電流の偶然の流れが神秘的な写真になっていました。
美術館の設計も、杉本氏がかかわったそうで、素敵な美術館でした。

クレマチスの丘は、今回初めて行ったのですが、三島からシャトルバスで20分くらいの小高いおかにあり、中にはヴァンジ彫刻庭園美術館
・ベルナールビュフェ美術館が点在して、近くには公園もあり一日十分楽しめる場所でした。
でも、まだ寒く暖かくなって、クレマチスの咲いているときに来てみたいです。





a0158296_2274872.jpg
a0158296_2281343.jpg
a0158296_2283116.jpg

by asagiya5 | 2010-02-23 16:15 | 美術館 展示会 | Comments(0)
a0158296_11251575.jpg




THE OUTLINE

THE OUTLINEは、ずーと見たいと思っていましが、まだまだ会期期間があると思っているうちに終了が近づいてしまいまいた。

普段、物は物として見ていますが、形だけ見るということはないので、また、違った物の見方が出来ておもしろかったです。
あたりまえでしょうが、深沢さんのデザインした物たちは、シンプルなんだけど使いやすそうで、単純な形でもデザイン性にすぐれていて、改めてすごいなーと思いました。
展示室の中庭にベンチが置いてあり、そこに座るとちょうど満月に近い月が見えて素敵でした。
展示品のなかに、椅子がたくさん登場していて、自由に座ることができるのですが、どれも座りごごちの良い椅子ばかりでずーと座っていたかったです。


a0158296_11251551.jpg



「おもてなしの美」サントリー美術館~3/14(日)まで
題名に引かれて、見にいきました。
最近は、展示会に行くとイヤホーンガイドを必ず借りてみるようにしています。
自分でけで、好きなものをすーと見るのもいいのですが、知らないことや、見落としてしまいそうのことも聞けていいです。
今回も借りてよかったです。
日本のおもてなしが集まっているのは、茶道の世界。
やったことはないのですが、魅力を感じますね。
展示替があるようで、また見てみたいです。
by asagiya5 | 2010-01-31 11:25 | 美術館 展示会 | Comments(0)