刺し子・藍染・美術館・街めぐりなどなど


by asagiya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2011年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

初めてのこぎん刺し

三軒茶屋にある生活工房の Life in Flim vol1 の関連ワークショップで「津軽こぎん刺しの美にふれる」というワークショップに参加しました。
はじめは、日本民藝館に行って学芸員の方に こぎん刺しの説明を受け、その後場所を移動しこぎん刺しのワークショップ。
講師は、kogin netを主催されている山端さんという若い男性!!
刺し方を丁寧に説明してくださり、いよいよこぎん刺し。
いままで、こぎん刺しはいろいろ見てきましたが、刺すのは初めて。
今回は、山端さんが考えたパスケースを刺しました。
私が選んだパスケースが紺色で 老眼の身には布目が見えにくかった・・・・。
同じ刺し子で勝手がちがうので苦労しました。
写真のこぎん刺しは、いっしょに行った娘が 面白いとはまってお土産にもらったコースターをさしました。
私のこぎん刺しは、やり直してからまた掲載します。

a0158296_182327.jpg

by asagiya5 | 2011-06-26 18:36 | 刺し子 | Comments(0)

あかるい鬱展

 雲の上には、いつでも青空がある。
あかるい鬱展


渋谷 bunkamuraギャラリー ~6月8日


a0158296_2215012.jpg




ラジオの番組で、この展示会のことを知りました。
この展示会を企画した、東本三郎さんがご自分も鬱を経験して、
いま、鬱で苦しんでいる人、家族の人などにむけて、
明るく鬱を吹き飛ばそうという気持ちをもとうということで、
あかるい鬱展を企画したそうです。
見るからに憂鬱な「鬱」という文字をいろいろなアーティストの人がデザインをして
ありました。そのなかに刺し子の作品や、きものなどもあり
「鬱」という文字も、そのアーティストのとらえ方によっていろいろあっておもしろかったです。
でも、どれも明るく「鬱」に向かいあった作品がおおく、展示会の題名とおり明るい展示会でした。



実際、鬱病の人がこれをみて明るい気持ちになるかはわかりませんが、
鬱病が暗い病気というイメージを払しょくするものになったらいいなと思いました。
by asagiya5 | 2011-06-06 22:08 | 美術館 展示会 | Comments(0)

カリブ海とクナ族のモラ

カリブ海とクナ族のモラ
生活工房 三軒茶屋 ~6月11日(土)


a0158296_21313748.jpg



7つの海の手仕事という企画の1番目として今回はモラがとりあげられていました。
こんなにモラを近くで見たのは初めてかもしれません。
すごく独創的なデザインで、細かい手仕事でした。

生活工房のチラシのおいてあるところにLife in Filmという企画のチラシをみつけました。
第1回目は、「布と生活」で
武州の藍染め、奄美の泥染め、津軽のこぎんなどのドキュメンタリーのフィルムをみる企画が6月18日、19日にあるそうです。

すごーく興味あります。
by asagiya5 | 2011-06-04 21:51 | 美術館 展示会 | Comments(0)