刺し子・藍染・美術館・街めぐりなどなど


by asagiya
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2016年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

新緑の鎌倉。

a0158296_11225962.jpeg


424日 あさぎや「さしこくらぶ」を行いました。

今回は、リネンの50cm×50cmの布を使って小物を作るワークショップです。

a0158296_10552339.jpeg

ブックカバー、小さい風呂敷、糸の色も自由に選んで作っていただきました。

裏の付かない刺し子のものは、裏の糸の始末が少し面倒です。

始めは慣れないようでしたが、だんだんと上手くなりました。

みなさんに楽しんでいただいたようで、よかったです。

次回は、615日(水)、ワークショップは何を作るか考えています。

決まりましたら、またお知らせ致します。

さしこくらぶは、ワークショップの作品でなくても、以前ワークショップで作ったもの、ご自分がお作りになりたいもの、自由に決めていただいています。

今回も、花ふきんを刺している方もいらっしゃいました。

刺し子好きな方が集まって、一緒にちくちく楽しめる場になればいいと思っています。

曇天で肌寒く、いつもより観光客も少ないような日曜日。

a0158296_11250674.jpeg
a0158296_11255402.jpeg


コーヒーで一息ついて、八幡宮の段かづらも出来上がってまだ見ていなかったので見に行きました。

いままでの土の参道でなくなり、舗装されきれいになっていました。

桜の花が成長して、月日が経つと素敵になるでしょう。


by asagiya5 | 2016-04-25 11:26 | ワークショップ | Comments(0)

サンイデー渋谷 4月

春の嵐のような強風の中、サンイデー渋谷4月のワークショップを行いました。

今月は、さくら模様のあづま袋。少し小ぶりでまちをつけました。

a0158296_10540603.jpeg

お弁当入れなどもいいのでは?

あづま袋の語源を調べてみました。

江戸時代の頃から西洋の鞄の便利さを参考にして、風呂敷や手ぬぐいを縫い合わせて作った、日 本の知恵のようです。 吾妻は、「私の妻」という意味じゃなくて、「東方、江戸」という意味で、江戸時代の江戸の町 で生まれたもののようです。

とありました。

手ぬぐいで作ると端の始末がなく簡単ですが、今回はピンク色のリネンでつくりました。

桜をたくさん散らした模様にしたので、みなさん模様を熱心に写していらっしゃいます。

a0158296_10544237.jpeg

次回のサンイデー渋谷のワークショップは6月19日(日)

あじさい模様のふきんです。


●あさぎやのおしらせ

あさぎやさしこくらぶ

424日(日)10時~14時 

場所:鎌倉KAYAスタジオ

刺し子好きな方が、刺し子をしてお好きな小物を作っていただく集まりです。

今回は、ワークショップとして50cm×50cmのリネンの布を使って小物をつくることをします。

a0158296_10552339.jpeg

お申込み、お問合せ

あさぎやasagiya5 gmail.com

★を@に変えてご連絡ください。

あさぎやのホームページからもお申込みいただけます。


by asagiya5 | 2016-04-18 10:55 | ワークショップ | Comments(1)
目白の住宅街にある、ポポタムという本屋さんで「ミャオ族の刺繍とデザイン」という本が出版されたので、ミャオ族の刺繍の展示が始まりました。
a0158296_10420271.jpeg
きのうは、プレイベントで常滑にある刺繍博物館の館長さんのお話とスライドショーがありました。
館長さんのながれるような、上手なお話に知らなかったミャオ族のことがよくわかりました。
ミャオ族の刺繍は、昔は文字を持たないミャオ族の歴史。
虫メガネで見たくなるほど、細かい刺繍です。
a0158296_10424596.jpeg
a0158296_10431940.jpeg
a0158296_10440777.jpeg


刺繍は、売るためのものでなく家族のためのもの。
農作業のかたわらに、刺繍をしていたというお話は、日本の刺し子にも似ています。
ミャオ族の前掛けは、日本の菱刺しによく似ています。
遠い昔、ミャオ族が日本に渡ってきたかもというお話もありました。

展示は、4月13日までです。


by asagiya5 | 2016-04-08 10:50 | 美術館 展示会 | Comments(0)