刺し子・藍染・美術館・街めぐりなどなど


by asagiya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:刺し子 ( 25 ) タグの人気記事

新緑の鎌倉。

a0158296_11225962.jpeg


424日 あさぎや「さしこくらぶ」を行いました。

今回は、リネンの50cm×50cmの布を使って小物を作るワークショップです。

a0158296_10552339.jpeg

ブックカバー、小さい風呂敷、糸の色も自由に選んで作っていただきました。

裏の付かない刺し子のものは、裏の糸の始末が少し面倒です。

始めは慣れないようでしたが、だんだんと上手くなりました。

みなさんに楽しんでいただいたようで、よかったです。

次回は、615日(水)、ワークショップは何を作るか考えています。

決まりましたら、またお知らせ致します。

さしこくらぶは、ワークショップの作品でなくても、以前ワークショップで作ったもの、ご自分がお作りになりたいもの、自由に決めていただいています。

今回も、花ふきんを刺している方もいらっしゃいました。

刺し子好きな方が集まって、一緒にちくちく楽しめる場になればいいと思っています。

曇天で肌寒く、いつもより観光客も少ないような日曜日。

a0158296_11250674.jpeg
a0158296_11255402.jpeg


コーヒーで一息ついて、八幡宮の段かづらも出来上がってまだ見ていなかったので見に行きました。

いままでの土の参道でなくなり、舗装されきれいになっていました。

桜の花が成長して、月日が経つと素敵になるでしょう。


by asagiya5 | 2016-04-25 11:26 | ワークショップ | Comments(0)

サンイデー渋谷 4月

春の嵐のような強風の中、サンイデー渋谷4月のワークショップを行いました。

今月は、さくら模様のあづま袋。少し小ぶりでまちをつけました。

a0158296_10540603.jpeg

お弁当入れなどもいいのでは?

あづま袋の語源を調べてみました。

江戸時代の頃から西洋の鞄の便利さを参考にして、風呂敷や手ぬぐいを縫い合わせて作った、日 本の知恵のようです。 吾妻は、「私の妻」という意味じゃなくて、「東方、江戸」という意味で、江戸時代の江戸の町 で生まれたもののようです。

とありました。

手ぬぐいで作ると端の始末がなく簡単ですが、今回はピンク色のリネンでつくりました。

桜をたくさん散らした模様にしたので、みなさん模様を熱心に写していらっしゃいます。

a0158296_10544237.jpeg

次回のサンイデー渋谷のワークショップは6月19日(日)

あじさい模様のふきんです。


●あさぎやのおしらせ

あさぎやさしこくらぶ

424日(日)10時~14時 

場所:鎌倉KAYAスタジオ

刺し子好きな方が、刺し子をしてお好きな小物を作っていただく集まりです。

今回は、ワークショップとして50cm×50cmのリネンの布を使って小物をつくることをします。

a0158296_10552339.jpeg

お申込み、お問合せ

あさぎやasagiya5 gmail.com

★を@に変えてご連絡ください。

あさぎやのホームページからもお申込みいただけます。


by asagiya5 | 2016-04-18 10:55 | ワークショップ | Comments(1)
目白の住宅街にある、ポポタムという本屋さんで「ミャオ族の刺繍とデザイン」という本が出版されたので、ミャオ族の刺繍の展示が始まりました。
a0158296_10420271.jpeg
きのうは、プレイベントで常滑にある刺繍博物館の館長さんのお話とスライドショーがありました。
館長さんのながれるような、上手なお話に知らなかったミャオ族のことがよくわかりました。
ミャオ族の刺繍は、昔は文字を持たないミャオ族の歴史。
虫メガネで見たくなるほど、細かい刺繍です。
a0158296_10424596.jpeg
a0158296_10431940.jpeg
a0158296_10440777.jpeg


刺繍は、売るためのものでなく家族のためのもの。
農作業のかたわらに、刺繍をしていたというお話は、日本の刺し子にも似ています。
ミャオ族の前掛けは、日本の菱刺しによく似ています。
遠い昔、ミャオ族が日本に渡ってきたかもというお話もありました。

展示は、4月13日までです。


by asagiya5 | 2016-04-08 10:50 | 美術館 展示会 | Comments(0)
気温は低い1日でしたが、桜の花もチラホラ咲き初めて、穏やかな日曜日でした。
そんな中、3月のサンイデーワークショップ、終了しました。
今回は、蝶つなぎの模様。
いままでは、花ふきんの模様の図案を写していただくことが多かったですが、今回は
ふきんに直接ペンで書いてもらいました。
ほとんどの方が初めてで、最初は戸惑うこともありましたが、連続模様なので
だんだん、慣れてきたようです。
a0158296_09043678.jpeg
今回、先日ワークショップに参加された方に教えていただいた、フリクションペンで図案を描きました。
a0158296_15484494.jpg

フリクションペンは、熱で消える特徴があるのでアイロンをかけると図案が消えます。
ペン先も細いので、線を引くのには適しています。
ただし、濃い色の生地はアイロンをかけても白い線が残るので、注意が必要です。
※お使いになる時は、お試しになってからお使い下さい。


⚫️あさぎやのお知らせ
・刺し子の花ふきん
a0158296_13481725.jpeg


4月7日(土)・5月14日(土)・6月11日(土)
10時から12時
朝日カルチャーセンター湘南
お申し込み、お問い合わせ
詳しくはこちらから

⚫️桜模様のあずま袋
a0158296_14352736.jpeg
4月17日(日)
10時30分から12時30分
サンイデー渋谷(渋谷西武百貨店A館7階)
詳しくは、こちらから


by asagiya5 | 2016-03-28 12:01 | ワークショップ | Comments(0)

妙本寺 散策

4月7日に行う刺し子くらぶの場所周辺の散策してきました。
先日下見に行ったときは、夜だったので周辺の様子が分からずあらためて・・・。
KAYAスタジオのある場所は、鎌倉 妙本寺の山門内。
a0158296_10374098.jpg

いままで何回も鎌倉には来ていますが、妙本寺ははじめて。
立派な山門の左手に、今回お世話になるKAYAギャラリーがあります。
a0158296_1038963.jpg

刺し子くらぶを行う場所は、このギャラリーの裏手になります。
山門をくぐり、坂を上がるとまた赤い山門。広い境内には、桜が。
開花宣言がされ、枝の先に咲いている桜もちらほらみえました。
a0158296_10385876.jpg





a0158296_10403552.jpg

このお寺は、調べると
妙本寺は、日蓮宗の寺院です。日朗を開山として文応元年(1260)に創建されました。もとは比企能員の屋敷で、建仁3年(1203)、比企の乱で比企一族が、北条氏を中心とする大軍に攻められ、滅ぼされた地でもあります(悲劇の比企一族)。その後、比企能員の末子の比企大学三郎能本が日蓮上人のためと比企一族の霊を弔う為にお堂を建てたのが始まりです。境内には日蓮聖人鎌倉開教聖地の碑があります。本尊は十界大曼荼羅御本尊
とのことです。



参拝をすませると、道にぼたもち寺の案内が、御彼岸にぼたもちぴったり!
a0158296_10412545.jpg

でも夕方で、もう門は閉っていました。
ぼたもち寺
常栄寺は、日蓮が龍ノ口(藤沢市片瀬)の処刑場に護送される途中、この地に住んでいた「桟敷の尼」が、「胡麻入りのぼた餅」を捧げたという言い伝えから、「ぼたもち寺」と呼ばれている。

やはり鎌倉は、まだまだ知らないところがいっぱいです。


帰りにKAYAにある、雑貨店で紫檀のお箸を購入。
あさぎや制作のお箸袋にびったり!!
a0158296_10423510.jpg



a0158296_1044141.jpg




4月7日(日)
あさぎや刺し子くらぶ
詳しくはこちら

桜の季節、鎌倉の散策を兼ねて刺し子をするのはいかがでしょうか?
簡単な刺し子キットもご用意いています。
by asagiya5 | 2013-03-18 10:49 | イベント | Comments(0)